高校野球

2017夏の甲子園準決勝組み合わせ決定!決勝進出チームを予想する!

更新日:

2017年夏の甲子園も残すはあと2日となりました。

今年の本命校は大阪桐蔭で対抗は秀岳館高校でしたが、やはり予想通りには行きませんね(笑)

そして残った高校は4校だけになりました。ベスト4です!

ここまでくれば全力を尽くして頑張ってほしいですね!では準決勝の予想をしていきましょう!

準決勝第1試合 午前11時開始予定

天理(奈良) 対 広陵(広島)

勝者予想:広陵

ここまでの両校の戦績を見てみましょう。

天理のここまでの戦いぶり

天理高校は2回戦からの登場でした。

2回戦 対大垣日大 6対0

 

3回戦 対神戸国際 2対1

 

準々決勝 対明豊 13対9

天理高校が意外な感じですが、毎試合チームが成長している感じがありますね。

これはやはり監督の中村良二さんの影響が大きいのでは無いかと思います。

まさに名門復活といったところでしょうか。

27年ぶりのベスト4ということで南投手で優勝した1990年以来5回目だということです。

ただ投手力が少し弱いかな。

もし決勝戦に進出すればこの優勝したとき以来になります。

広陵のここまでの戦いぶり

広陵高校は1回戦からの登場でした。

1回戦 対中京大中京 10対6

 

2回戦 対秀岳館 6対1

 

3回戦 対聖光学院 6対4

 

準々決勝 対仙台育英 10対4

広陵高校は強い相手と戦ってきて、一戦一戦力をつけてきた感じがありますね。

ただ今大会で一番のチームは広陵だと思っていましたのでここではやはり広陵高校がリードしているように思えます。

f:id:fpcreca:20170820175856j:plain

そしてもし広陵が決勝戦に進めばあの佐賀北に破れた10年前の2007年以来となります。

そして注目の中村くんがホームラン記録を狙います!

準決勝第2試合 午前13時半開始予定

花咲徳栄(埼玉) 対 東海大菅生(西東京)

勝者予想:花咲徳栄

ここまでの両校の戦績を見てみましょう。

花咲徳栄のここまでの戦いぶり

花咲徳栄高校は1回戦からの登場でした。

1回戦 対開星 9対0

 

2回戦 対日本航空石川 9対3

 

3回戦 対前橋育英 10対4

 

準々決勝 対盛岡大付 10対1

花咲徳栄高校は初のベスト4ですね。

今年のチームは打撃が持ち味のいいチームです。

ここまで4試合を戦ってきたんですが、全て9点以上をとっての勝利です。

そして花咲徳栄高校も東海大菅生も両校共に打撃力が持ち味のチームですね。

それとも埼玉県勢初の夏の王者を目指す埼玉徳栄が勝つのでしょうか?

東海大菅生のここまでの戦いぶり

東海大菅生は2回戦からの登場でした。

2回戦 対高岡商 11対1

 

3回戦 対青森山田 9対1

 

準々決勝 対三本松 9対1

東海大菅生はこれまでの3試合すべて9点以上を取っています。

やはり西東京大会で日大三・早実を倒してきた自信が大きいかもしれませんね。

西東京の代表がベスト4に進むのは2015年の早実以来となります。

もし決勝戦に進めば2011年に優勝した日大三以来6年ぶりになりますね。

西東京に強豪校がもう一校増えることになるのでしょうか。

関東決戦は激しい打ち合いが予想されます!

どうなるんでしょう?12対11くらいの試合を期待したいですね(笑)

決勝戦の組み合わせの予想は?

ここまで残っている4校ですから、力はどのチームにもあると思いますが、今年は広陵と花咲徳栄が強い感じがしました。

ただやはり2回戦から登場というのが、ここ最近決勝戦に出てくるチームのトレンドとして多いのは多いですね。

1試合少ないのは亜熱帯になった日本では体力面において有利になるのでしょう。

となると今年は天理と東海大菅生が有利ではあるのですが(笑)

準決勝も楽しみですね!

-高校野球

Copyright© 阪神とMLBと高校野球 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.