福岡ソフトバンクホークス

2017パリーグMVP予想はサファテ!日本新記録で確実!

更新日:

2017年のペナントレースもいよいよ残り30試合くらいになりラストスパートの時期に入ってきました。

もちろんペナントレースの行方も気になりますが、個人タイトルに関してもそろそろ気になって来る時期にきましたね。

そうなるとやはり一番気になるのはMVPが誰なのか?ということでしょう。

MVPは優勝チームから選ばれることになっていますからね。

現在首位を走るソフトバンクの選手の中でMVPの候補になる選手はどの選手でしょうか?

数字を見比べながらMVPの予想をしてみたいと思います。

柳田悠岐選手は三冠王を取れるか?

パ・リーグで一気に2位との差をつけたソフトバンクホークスですが、やはりこれは強力な打線と投手陣のバランスがいいですね。

f:id:fpcreca:20170823224217j:plain

そもそも巨大戦力で開幕前からダントツの優勝候補でしたからこの流れもある程度は仕方がないといったところですかね。

もちろんこのチームの中で中心選手として活躍しているのはチームを引っ張る3番打者の柳田悠岐選手です。

内川選手が不在の中でよく頑張っていますね〜

2015年にトリプルスリーを達成した男は今年もバットの方は好調をキープしています。

首位打者はちょっと厳しい感じになってきましたが、本塁打と打点はタイトルがすぐ目の前にある感じですね。

8月24日現在本塁打はトップタイで打点は単独1位ですね。

打率は西武ライオンズの秋山選手に少し離されています。

盗塁の数が14ですから、トリプルスリーは少し難しそうです。

でも本塁打と打点の二冠を獲ればまず間違いなくMVPは柳田選手になるでしょうね。

一冠でも有力候補になると思います。

外の有力な候補としてはデスパイネが本塁打が2位ですが打率が少し低いので可能性は低いでしょう。

先発投手は東浜巨が自己最多

一方投手の方に目を向けてみると東浜巨投手が自己最多の成績を挙げています。

8月24日現在で13勝を挙げ、ハーラートップの数字ですね。

そういえば彼は甲子園の優勝投手でもありました。ようやく素質が開花した感じでしょうか。

またバンデンハーク投手も12勝を挙げており、ローテーションを守っていますね。

 サファテの可能性が最も高い!

ただやはりソフトバンクの投手陣を見てみると、やはりリリーフ陣の活躍が見逃せませんね。

プロ野球の年間セーブ記録46を更新するくらいの勢いでセーブを挙げ続けています。

何せ8月24日現在で42のセーブを挙げているわけですから。

投手の方で考えた場合、大車輪の活躍をしたサファテの可能性もないことはないでしょう。

 まとめ

投手陣でいえば東浜投手かサファテ投手、打者では柳田選手でしょうか。

そう考えるとやはりサファテ投手が最もMVPに近いのではないかと思います。

高校野球選手の目標とする選手の中でもかなりの人気を誇っていた柳田悠岐選手が最高の栄誉を獲得するのでしょうか?

優勝争いとともにMVP争いも注目しましょう!

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

-福岡ソフトバンクホークス

Copyright© 阪神とMLBと高校野球 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.