阪神タイガース

阪神小野泰己がプロ初勝利!2018年はローテで2桁目指す!

更新日:

阪神タイガースのドラフト2位で今年入団した小野泰己投手ですが、プロ初勝利を飾りました!

阪神ファンとしてはかなり嬉しいこの勝利ですが、本人はプロ入り初ヒットも出た試合で勝てたことは一生の思い出になりますね!

昨日はお祝いのメールの返信で眠れなかったかもしれませんね!(笑)

f:id:fpcreca:20170830042523j:plain

プロ入りしてからストレートの威力に定評があった小野投手がやっと初勝利をあげたことで、それこそ来年のローテーションが楽しみになりました!

出身は富士大学

彼が昨年ドラフト2位で指名された時、阪神ファンの多くの人がだれ?と思ったのではないでしょうか?

どうしても甲子園に出場した選手や東京六大学出身の選手がクローズアップされるから仕方がないのですが(笑)

最速150キロを超えるストレートが1番の持ち味である小野投手。

昨日もストレートがストライクゾーンに行けばまともにヤクルト打線は打てていませんでしたから。

彼は岩手県の大学である富士大学で野球をしていましたね。

昔は地方大学のエースなんてドラフトにかかることもなかったですから、地方大学もかなりレベルが上がっていることは間違いないです。

しかも彼はキャンプ中に元中日ドラゴンズの山本昌さんからも絶賛されていたんですよ!

楽天の岸投手とスタイルから投げ方も似ているので、あれくらいの投手になることを目指して欲しいと思います!

あとはこのオフに変化球できちんとストライクを取れるようになると本格的に大化けの予感さえありますね〜

プロ入り初勝利をあげる

ここまで先発して好投をしていました小野投手ですが、ここ最近は打ち込まれることが多くチャンスは少ない状態だったと思います。

ここまで登板した試合はいずれも先発で12試合あり0勝7敗という成績でした。

そして昨日の8月29日のヤクルト戦の登板でしたが、6回を2安打無失点に抑える好投でようやくプロ初勝利をあげることができました!

四死球は5つとちょっと多かったですが、悪いなりに試合を作れるのはいいピッチャーの条件です。

金本監督も「いつかは勝てると思っていた」と言っていたようですので、かなり期待をしていたことがわかりますよね。

先発を勧めていたのは香田コーチだったということ。やっと勝つことができて本人もコーチもホッとしているでしょうね。

ウイニングボールは両親にプレゼントするとのことです。

今まで勝てなかった分、これからシーズン終了まで無敗で行ってほしいですね!

来年は2桁勝利を目指す!

この勝利だけでもちろん満足はしないとは思いますが、一安心は一安心だと思います。

このまま成長して行ってくれれば、来年はバリバリのローテーション投手として計算ができる存在になる可能性も高いですね。

しかも藤浪晋太郎投手と同学年ですから、藤浪投手にとってもいいライバルの出現というところでしょうか。

そしてやはりローテにはいれば2桁くらいは目指してもらわないと困りますね(^^)

ここもと阪神はいいドラフトをしているように思えます。

1位大山、2位小野と聞いた時は阪神ファンは少しがっかりしたのでは?2人とも全然無名の選手でしたから。

 まとめ

シーズン終盤に差し掛かって来ましたが、若い力が活躍するのは嬉しいことですね〜

来季はメッセ・秋山・藤浪・小野・岩貞・能見というローテーションでそこに青柳とか岩田とか島本が争うようになると本当に層が厚くなります。

本格派の左がもう一枚欲しいのは欲しいのですが。岩貞の覚醒待ちですかね(^^)

とにもかくにも小野投手の初勝利おめでとうございます!

-阪神タイガース

Copyright© 阪神とMLBと高校野球 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.