阪神タイガース

阪神は尾仲祐哉投手を大和のFA人的補償で!評価や高校など調査!

投稿日:

阪神タイガースの大和選手がFA権を行使して横浜Denaベイスターズに移籍します。

 

これはかなり残念な出来事でしゃありますが、彼の野球人生を考えた場合、最良の選択かもしれません。

 

 

そして大和選手のFA人的補償の選手が注目されていましたが、尾仲祐哉という投手を選んだようです。

 

阪神ファンからすると知らない選手だと思いますので少し調べてみました。

尾仲祐哉投手のプロフィール

名前:尾仲祐哉(おなかゆうや)

生年月日:1995年1月31日

出身地:福岡県北九州市

身長:173cm

体重:72kg

血液型:?型

投打:右投左打

 

2016年オフにベイスターズのドラフト6巡目でプロ入りした尾仲投手。

直球にかなり力のある投手ということで、即決で決めたようですね。

 

上背はあまりありませんが、直球に力があるというのは投手には大切なことなので、この辺りは期待が高いですね!

 

昨年オフに大学を卒業してのプロ入りですから、藤浪投手や大山選手と同じ年になります。

いわゆる「大谷世代」の選手ですね。

 

この年代は中心になってもらわないと困る世代ですから、尾仲投手の加入が刺激になってほしいですね!

 

尾仲祐哉投手の高校はどこ?

彼は高校時代はどこの高校に行っていたのでしょうか?

 

高校は高稜高校という北九州市の学校に行っていたとあります。

 

高校3年間はすべて初戦敗退でしかも彼は当初は投手ではなく外野手だったようですよ。

 

3年生の時に本格的に投手になったということですから、肩は高校時代は消耗していないことになりますね!

 

この当時から野球には熱心だったようで、ノートには毎日反省点などを書き込んでいたようです。

広島経済大学に進学

そして高校を卒業して広島経済大学に進学しています。

 

入部当初は133キロほどのスピードボールしか投げられなかったみたいですが、4年生の時には150キロを計測するほど成長したみたいですね。

 

彼が注目を集めたのは、全日本大学野球選手権大会での九州国際大学との一戦。

 

8回14奪三振の好投で一躍ドラフト候補にまでなったようです。

 

それでスカウトから注目をされることとなり、ドラフト6巡目でプロ入りを果たしています。

 

プロ入り初勝利を挙げている!

彼はすでにプロ入りして2017年シーズンも一軍で投げています。

 

しかもこの試合はベイスターズがカープ戦で三者連続ホームランでサヨナラ勝ちをした日だったみたいですから、彼は「持っている」選手かもしれないですよ。

しかもこれが初勝利ということですから、阪神に来てもかなりの戦力になるのではないでしょうか?

 

NHK解説者の小早川毅彦さんも尾仲投手をプロテクトしていないことに驚いていたみたいです。

これはかなりの掘り出し物になるかもしれないと週刊ゲンダイも報じています。

 

これはかなり期待できるのかも?

背番号は何番?

ベイスターズの時には「29」でしたが、阪神の「29」は新人の高橋投手がつけることになっているので、違う番号になりそうです。

 

いい番号が空いているに越したことはないですけど、最近の選手は背番号にこだわりがなさそうですしね。

 

一軍キャンプに帯同してオープン戦で結果を残せば、もちろん一軍の戦力となる可能性も十分ありますよ!

 

尾仲投手をキャンプから注目しましょう!

 

-阪神タイガース

Copyright© 阪神とMLBと高校野球 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.