阪神タイガース

阪神がメンドーサに獲得興味!メッセの穴を埋める存在になるか?

更新日:

自力Vが復活した阪神タイガースですが、北海道日本ハムファイターズを退団したルイス・メンドーサ投手を獲得する可能性があることを示唆しているようです。

→そして8月30日にう獲得することを認めました!8月31日に正式発表されるようです!

確かに9月は先発投手の台所事情はかなり苦しいですからね。

f:id:fpcreca:20170825110415j:plain

実際にメンドーサを獲得できるとなれば、ローテーションで使っていくのでしょうか?

色々と調べてみましょう。

メンドーサ投手のプロフィール

名前:ルイス・アロンソ・メンドーサ・ロドリゲス(Luis Alonso Mendoza Rodríguez)

生年月日:1983年10月31日

出身地:メキシコ・ベラクルス州ベラクルス

身長:190.5センチ

体重:108.9キロ

経歴:テキサス・レンジャース(2007-2009)

カンザスシティ・ロイヤルズ(2010-2013)

北海道日本ハムファイターズ(2014-2017)

彼は3Aでは2回のノーヒットノーランを達成している投手なんですね~

北海道日本ハムに来てからは主に先発の役割を果たしておりまして2014年から去年までの3年間で24勝29敗、防御率が3.76の成績を残しています。

ただ来季のことを見据えて今後は若手中心の選手起用になることからシーズン途中で退団ということになったみたいです。

外国人枠は大丈夫?

もちろんメッセンジャーが登板してロジャースが出場していた時も大丈夫だったので問題はありませんが、ここで外国人枠についておさらいしておきましょう。

まず一軍への登録は4人までと決まっています。今回もし阪神がメンドーサを獲得したとしたらメンドーサ・マテオ・ドリス・ロジャースとなり大丈夫ですね。

これはロジャースが野手だから大丈夫であって、投手4人の登録はできません。投手と野手併せて4人で投手か野手のどちらかは必ず1人登録する必要があります。

なので今回先発もできるメンドーサに獲得興味を持ったのは自然なことといえるのではないでしょうか。

阪神は9月に弱い

阪神はここもと死のロードの成績はかなりよくなっているのですが、実は9月失速病がありますね。

ヤフーの検索窓に「阪神 9月」と入れると失速の文字が出てくるくらいですから(笑)

それでいて大黒柱のメッセンジャーがいなくて代役まではいかなくても、ある程度日本野球を経験している投手が市場に出たのであればこれは獲りに行ってもいいとは思いますね。

実際昨年の日本シリーズで広島を抑えた実績もありますから。

メンドーサ獲得なるか?

サンケイスポーツの記事によると、8月25日の編成会議で話し合われる可能性もあるとのこと。→獲得するとのことです!

そして昔セ・リーグでは中日に2003年7月22日に解雇されたギャラードが28日に横浜に移籍した例もあるとのこと。

これは本格的な話になるのかもしれませんね!

阪神・メンドーサ誕生なるのか?陽気なメキシカンということですから、いい刺激になるのかもしれませんよ!

しかも昨年は優勝を経験しているのも大きいと思います。

阪神逆転優勝への救世主となるでしょうか?楽しみが一つ増えましたね!

-阪神タイガース

Copyright© 阪神とMLBと高校野球 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.