1. TOP
  2. 高校野球
  3. 2019全国高校野球選手権夏の甲子園ベスト8を予想!組み合わせと注目の好カードは?

2019全国高校野球選手権夏の甲子園ベスト8を予想!組み合わせと注目の好カードは?

 2019/08/06 高校野球   14,082 Views

2019年に令和初の開催となる第101回の夏の高校野球ですが、組み合わせが決まりました。

この組み合わせが決まった後の野球ファンの楽しみといえば何と言ってもベスト8の予想かと思います。

組み合わせが決まりましたのでベスト8の予想をしていきたいと思います。

第101回全国高校野球選手権大会の代表校

全国49代表校の一覧です!

地区 出場校 回数
北北海道 旭川大 2年連続9回目
南北海道 北照 2年連続5回目
青森 八戸学院光星 2年連続10回目
岩手 花巻東 2年連続10回目
秋田 秋田中央 45年ぶり5回目
宮城 仙台育英 3年連続28回目
山形 鶴岡東 3年ぶり6回目
福島 聖光学院 13年連続16回目
群馬 前橋育英 4年連続5回目
茨城 霞ヶ浦 4年ぶり2回目
栃木 作新学院 9年連続15回目
埼玉 花咲徳栄 5年連続7回目
千葉 習志野 8年ぶり9回目
東東京 関東一 3年ぶり8回目
西東京 国学院久我山 28年ぶり3回目
神奈川 東海大相模 4年ぶり11回目
山梨 山梨学院 4年連続9回目
新潟 日本文理 2年ぶり10回目
富山 高岡商 3年連続20回目
石川 星稜 2年連続20回目
福井 敦賀気比 2年連続9回目
長野 飯山 初出場
静岡 静岡 4年ぶり25回目
愛知 初出場
岐阜 中京学院大中京 3年ぶり7回目
三重 津田学園 2年ぶり2回目
滋賀 近江 2年連続14回目
京都 立命館宇治 37年ぶり3回目
奈良 智弁学園 3年ぶり19回目
和歌山 智弁和歌山 3年連続24回目
大阪 履正社 3年ぶり4回目
兵庫 明石商 2年連続2回目
岡山 岡山学芸館 4年ぶり2回目
広島 広島商 15年ぶり23回目
鳥取 米子東 28年ぶり14回目
島根 石見智翠館 4年ぶり10回目
山口 宇部鴻城 7年ぶり2回目
徳島 鳴門 2年連続13回目
香川 高松商 23年ぶり20回目
高知 明徳義塾 2年ぶり20回目
愛媛 宇和島東 9年ぶり9回目
福岡 筑陽学園 16年ぶり2回目
大分 藤蔭 2年連続3回目
佐賀 佐賀北 5年ぶり5回目
長崎 海星 5年ぶり18回目
熊本 熊本工 6年ぶり21回目
宮崎 富島 初出場
鹿児島 神村学園 2年ぶり5回目
沖縄 沖縄尚学 5年ぶり8回目

なんといっても注目は星稜の奥川投手でしょう

ドラフト候補のビッグ4で唯一甲子園に出場してきました。

他には強打の東海大相模や智弁和歌山なども有力校として挙げられるでしょう。

Aブロック・Bブロック

Aブロックの対戦カード

一回戦

1.八戸学院光星 9対0 誉

二回戦

1.海星 3対2 聖光学院

2.智弁学園 8対10 八戸学院光星

三回戦

海星 対 八戸学院光星

このブロックはなかなか強豪が集まりました。

聖光学院はすでに強豪のイメージがある学校になっていますね。

まだベスト4もないのですが、出てくれば必ず1回や2回は勝つようなイメージがあります。

そして夏はベスト8にまで行っていないイメージの強い智弁学園ですが、今年は強打のチームのようです。

3年前の春に選抜で優勝していますから、以前よりも勝負強くなっているのは間違いないでしょう。

智弁学園と聖光学院の対決になると読み、智弁学園を上位と見ました。

本命 智弁学園

対抗 聖光学院

Bブロックの対戦カード

一回戦

1.佐賀北 対 神村学園

2.高岡商 対 石見智翠館

3.履正社 対 霞ヶ浦

4.静岡 対 津田学園

二回戦

1.神村学園 対 高岡商

2.履正社 対 津田学園

三回戦

高岡商 対 履正社

このブロックは素直に大阪代表の力を信頼しましょう。

今年の大阪ではナンバー1の力を持っていたことを証明した履正社がこのブロックに入りました。

いつも厳しいブロックに入っているイメージのある履正社ですが、今年は勝ち抜けそうな感じのブロックに思えます。

星稜の奥川投手にリベンジするまでは負けられないでしょうね。

本命 履正社

対抗 神村学園

Cブロック・Dブロック

Cブロックの対戦カード

一回戦(第1日目第1から第3試合と第2日目第1試合)

1.星稜 対 旭川大

2.秋田中央 対 立命館宇治

3.米子東 対 智弁和歌山

4.明徳義塾 対 藤蔭

二回戦

1.星稜 対 立命館宇治

2.智弁和歌山 対 明徳義塾

三回戦

星稜 対 智弁和歌山

ここは強豪が最も集まったブロックになったのではないでしょうか?

星稜・智弁和歌山・明徳義塾と実力校が集まっていますね。

順当にいけば2回戦で智弁和歌山と明徳義塾の対戦になりそうですが、この試合になれば注目を集めそうな気がします。

過去の対戦では明徳義塾の方がリードしていると思いますが、中谷監督になり智弁の野球が少し変わったようにも感じています。

また星稜の奥川投手は順当に3回戦までは勝っていけるような気がしていますが、どうでしょうか?

プロのスカウトは早く負けてくれ!と思っている人も多いかもしれませんね(笑)

本命 智弁和歌山

対抗 星稜

Dブロックの対戦カード

一回戦(第2日目第2から第4試合と第3日目第1試合)

1.前橋育英 対 国学院久我山

2.敦賀気比 対 富島

3.花巻東 対 鳴門

4.飯山 対 仙台育英

二回戦

1.国学院久我山 対 敦賀気比

2.鳴門 対 仙台育英

三回戦

敦賀気比 対 仙台育英

このブロックが最も難解な感じがしますね。

前橋育英は最近毎年いいチームを作ってきているので、今年も上位争いが見込めます。

また敦賀気比も選抜を優勝してからすっかり強豪校の仲間入りをした感じがありますね。

そして下の方には花巻東と仙台育英という東北の強豪校が集っています。

非常に難解なブロックではあるのですが、敦賀気比の打力がここは勝るとみて上位としました。

対抗には仙台育英を選んでおきましょう。

本命 敦賀気比

対抗 仙台育英

 Eブロック・Fブロック

Eブロックの対戦カード

一回戦

1.習志野 対 沖縄尚学

2.高松商 対 鶴岡東

3.日本文理 対 関東一

4.熊本工 対 山梨学院

二回戦

1.習志野 対 鶴岡東

2.関東一 対 熊本工

三回戦

鶴岡東 対 関東一

このブロックには選抜準優勝校である習志野高校が入りました。

しかし初戦の相手は沖縄の強豪である沖縄尚学。

いきなり試練の戦いになりますが、沖縄尚学を上と見ました、

そして東東京の関東一は出場すればベスト8近くまで毎回進んでいるイメージがあるので、ここでは対抗として関東一を挙げたいと思います。

本命 沖縄尚学

対抗 関東一

Fブロックの対戦カード

二回戦

1.岡山学芸館 対 広島商

2.筑陽学園 対 作新学院

三回戦

岡山学芸館 対 作新学院

ここからは2回戦の勝者同士が戦うことになりまして日程的にはかなり有利なチームになってきます。

このブロックもなかなかの好チームが入りましたが、注目は何と言っても久しぶりの出場となりました広島商でしょう。

最近は広陵に押されていましたので、出場も久々になりますが、元号が変わってすぐに出場してきたあたり伝統校の力を少し感じます。

ただ私は選抜の時からの注目チームである筑陽学園が強いと感じていますので、ここでは筑陽学園を上にみました!

広島商の試合は絶対に見たいと思っています!

本命 筑陽学園

対抗 広島商

Gブロック・Hブロック

Gブロックの対戦カード

二回戦

1.東海大相模 対 近江

2.中京学院大中京 対 北照

三回戦

東海大相模 対 中京学院大中京

さて初戦の最も注目のカードとなったのはこの戦いでしょう。

神奈川の優勝候補である東海大相模と滋賀の昨年ベスト8の近江高校の対戦となりました。

近江は昨年金足農に悔しいサヨナラ劇と演じられた2年生バッテリーが成長してこの舞台に戻ってきました。

超高校級の捕手である有馬捕手はドラフト候補ですし、この一戦は見ごたえのある戦いとなるでしょう。

勝った方がベスト8に進出すると考えます。

本命 東海大相模

対抗 近江

Hブロックの対戦カード

二回戦

1.花咲徳栄 対 明石商

2.宇和島東 対 宇部鴻城

三回戦

明石商 対 宇部鴻城

そして今大会で私が優勝候補の筆頭に挙げているのが明石商です。

明石商はかなり投打のバランスが取れているチームで、2年生エースの中森投手はかなりいいピッチャーですよ。

しかし対戦相手が花咲徳栄ということですから、一筋縄でいく相手ではありません。

ただ初戦で中森投手も疲れていないことを考えると明石商がわずかではあるものの有利と見ました。

この試合も勝った方がベスト8に進むとみます。

要注目のカードです!

本命 明石商

対抗 花咲徳栄

第101回大会の好カードとベスト8の予想は?

注目の好カードは?

第101回の組み合わせが決まりましたが、注目のカードは何といっても東海大相模対近江でしょう。

この勝負は優勝を左右する戦いとなるかもしれません。

近江が東海大相模を倒す可能性は十二分にあると思います。

これに続く好カードとしては、明石商対花咲徳栄でしょう。

名前的には花咲徳栄が有利ですが、現在兵庫というよりも近畿で最も力があるチームのように思えるのが明石商です。

この戦いも好カードですし、優勝候補同士の一戦といえるでしょう!

どちらの試合も見逃したくない試合になりますよ!

第101回大会のベスト8の予想は?

先ほど予想したベスト8をまとめてみます!

  1. ◎智弁学園 〇聖光学院→×
  2. ◎履正社 〇神村学園→
  3. ◎智弁和歌山 〇星稜→
  4. ◎敦賀気比 〇仙台育英→
  5. ◎沖縄尚学 〇関東一→×
  6. ◎筑陽学園 〇広島商→×
  7. ◎東海大相模 〇近江→
  8. ◎明石商 〇花咲徳栄→

今大会も私の住んでいる近畿地区優勢と予想になりましたが、実際は全然わかりません(笑)

どれだけ当たるかわかりませんが、じっくりと観戦していきたいと思っています。

今大会も非常に楽しみな大会になりますね!

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

阪神とMLBと高校野球の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

阪神とMLBと高校野球の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 夏の甲子園3日目予想!佐賀商対高岡商・智弁和歌山対近江・前橋育英対近大付・益田東対常葉大菊川!

  • 2018高校野球夏の甲子園ベスト16予想まとめ!2回戦全試合を予想する!

  • 天理対広陵の準決勝の勝利予想は?過去の対戦はあったか?

  • 東海大相模対智弁和歌山の準決勝の予想は?過去の対戦は?

  • 2019選抜8日目予想!広陵対東邦・明石商対大分・啓新対智弁和歌山の見所は?

  • 2018高校野球準々決勝第3・4試合の予想!日大三対下関国際・金足農対近江!