1. TOP
  2. 高校野球
  3. 甲子園で歴代春夏連覇した高校は?3連覇や夏春優勝は難しいのか?

甲子園で歴代春夏連覇した高校は?3連覇や夏春優勝は難しいのか?

 2018/07/22 高校野球   2,735 Views

2018年は全国高校野球選手権大会が第100回大会になります!

今年の大本命校である大阪桐蔭高校は大会4日目に初戦を迎えることになっています。

そしてこの大阪桐蔭高校は史上初2度目の春夏連覇を目指していることで注目を集めていますね。

ではこれまで甲子園で春夏連覇をした高校は一体何校あるのかを調べて見ました。

春夏連覇はこれまで7校が達成

長い高校野球の歴史の中で春夏連覇をしたのはわずかに7校だけなんですね〜

もちろん高校野球ファンの方であれば知っている人も多いと思いますが、名門高校が達成しています。

古い順番からご紹介していきましょう。

1962年(昭和37年)作新学院

作新学院が春夏連覇をしたと聞くと、元巨人の江川卓投手を思い浮かべる人が多いと思うのですが、実はこの時ではありません。

この時のエースは八木沢荘六さんというプロ野球でも活躍した選手ですね。

そして夏には体調不良を起こして八木沢投手が投げれない状態でしたが別の加藤投手が主戦として活躍して見事春夏連覇を果たしました。

この大会が初めての春夏連覇ということで第44回大会です。

つまりこれを含めて56年間で7回ですから約8年に1回のペースとも言えるでしょう。

1966年(昭和41年)中京商業

次は高校野球界の雄とも言える存在の中京商業(現中京大中京)ですね。

この中京商業はよく1967年から中京高校になっていますので、中京商業での甲子園出場は最後の大会だったんですね。

この時のエースがのちにプロ野球選手にもなりました加藤英夫投手でした。

プロではあまり活躍はできなかったようですが、高校野球の世界では名前がずっと残りますね。

1979年(昭和54年)箕島高校

そして3校目は和歌山代表の箕島高校ですね。

管理人は箕島高校の強い時はあまり知らないのですが、箕島高校の尾藤監督のことは高校野球ファンであれば知っている人は多いと思います。

石井・嶋田宗のバッテリーで春夏連覇をしたことよりも、夏の3回戦で死闘を演じた箕島対星稜戦の方が有名かもしれません。

1987年(昭和62年)PL学園

当時無敵を誇ったPL学園です。このあたりの数年は本当にPL学園の時代だったと思います。

桑田・清原が抜けた後の2年後に春夏連覇を達成していますね。

のちにプロ野球選手となります立浪・片岡・野村・橋本選手を中心としたPL学園は圧倒的な戦力と試合運びで春夏連覇を達成。

この時以来PL学園は甲子園で優勝がありません。

現在は休部状態になっており、今後の復活も難しいようです。

時代を感じますね。

1998年(平成10年)横浜高校

松坂大輔投手を擁して1年間無敗だった唯一の高校です。

高校野球史上で最強だったとの声も多いですね。

松坂世代という言葉も生まれてプロ野球でもすごい選手たちが活躍しています。

横浜高校の戦いでのハイライトはやはり準々決勝での延長17回のPL学園戦でしょう。

松坂投手も現在は37歳。もうそんなに経ったんですね(笑)

2010年(平成22年)興南高校

記憶に新しい沖縄県代表の興南高校です。このチームは打のチームでしたね。

もちろんエース島袋洋奨投手の活躍もありました。

我喜屋監督の采配も冴えていた春夏の大会だったと思います。

プロ野球選手として活躍している選手があまり思い浮かびませんが、沖縄の代表が春夏連覇をした大会で印象もかなりありますね。

2012年(平成24年)大阪桐蔭

そして一大阪桐蔭高校の最初の春夏連覇はこの平成24年。

エース藤浪晋太郎投手を擁し、捕手が現在埼玉西武ライオンズの森友哉選手の大型バッテリーで達成しました。

春夏の決勝の相手は共に青森の光星学院(現八戸光星学院)というのも興味深い対戦でしたね。

藤浪投手はこの時の輝きをもう一度取り戻して欲しいものです(笑)

2018年(平成30年)大阪桐蔭

そして一番最近の春夏連覇は2018年の大阪桐蔭高校です。

史上初2度目の春夏連覇を果たしたこの史上最強軍団と言われたチームがその下馬評通りに達成しました。

2年生の時から主力であった根尾選手・藤原選手の2枚看板が力を発揮しての連覇は恐れ入ります。

センバツの前から春夏連覇を意識していたチームは多分このチームが最初のような気がします。

それくらい2018年の大阪桐蔭は一年中注目されたチームでした。

次の2019年の春選抜は史上初の春3連覇と春夏春の3連覇のダブル3連覇がかかる大会になりますね。

甲子園で夏春連覇した高校は?

春夏連覇は7校あるのはわかりました。

では前年の夏、そして翌年の春を連続して優勝したチームはこれまで何校あるのでしょうか?

これは春夏連覇よりも少なくてたった4校しかありません。

年次が変わりますので、当然こちらの方が難しいのは難しいと思います。

1930年・31年 広島商業

1937年・38年 中京商業

1960年・61年 法政二高

1982年・83年 池田高校

オールドファンであれば法政二の柴田投手は知っているでしょう。

のちに巨人に行って2000本安打を達成した名選手です。

そして池田高校はやまびこ打線で有名でしたね。

蔦監督も高校野球ファンならば知っている人は多いと思いますよ!

これまでに3連覇した高校は?

春夏連覇が7回、夏春連覇が4回あるので合計11回の連覇高校があることがわかりました。

では春夏春や、夏春夏と3連覇した高校はあるのでしょうか?

実はこの長い高校野球の歴史の中で3連覇した高校は一つもありません。

やはり3連覇というのはとてつもなく難しい記録であることがわかります。

惜しかったと言われているのは法政二高ですね。

実際春を制した後の夏の大会では準決勝まで進出しており残念ながら浪華商業に破れています。

また池田高校の3連覇を止めたのも大阪のPL学園でした。

桑田清原選手の1年生の時ですね。

やはり高校野球は大阪代表が強いです(笑)

今回の大阪桐蔭は春夏連覇を達成しましたが、新チームは一気にメンバーが変わりますのでどうなるでしょうか?

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

阪神とMLBと高校野球の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

阪神とMLBと高校野球の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • U-18野球ワールドカップは優勝できるのか?順位決定方法は?

  • 2018選抜準決勝大阪桐蔭対三重の予想は?過去に対戦はあった?

  • 2018選抜高校野球の組み合わせは?大阪桐蔭と明徳はどこに?

  • 夏の甲子園2日目予想!山梨学院対高知商・作新学院対大阪桐蔭・北照対沖学園・旭川大対佐久長聖!

  • 明徳義塾の市川悠太がすごい!出身中学やドラフト評価は?

  • 日本航空石川の原田竜聖は石川県出身!ドラフト候補になる?