高校野球

広陵対花咲徳栄の決勝戦の勝利予想は?広島対埼玉の対戦成績は?

更新日:

第99回の大会もいよいよ決勝戦を残すのみとなりました。

清宮幸太郎選手の不在で盛り上がりが心配されましたが、連日の満員で全く関係なかったですね(笑)

f:id:fpcreca:20170822154521j:plain

その清宮くんに予選で勝った東海大菅生高校が準決勝まで残ったのも何かの因縁を感じます。

その大会の最後で決勝戦を争うのが広陵高校と花咲徳栄高校に決まりました。

いち早く決勝戦の予想をしてみましょう。

浦和学院対広島商以来13年ぶり

埼玉県と広島県の決戦となりましたが、この対決はもちろん決勝戦では初めての対戦となりますね。

そして夏の大会だけで考えてみますと2004年の浦和学院と広島商の対戦以来となります。

このときは1回戦で浦和学院が3対1で広島商を破っています。

過去の広島対埼玉の対戦成績は?

そしてこの戦いを含めた広島県勢と埼玉県勢の戦いは意外と少なくてこれまで春を含めると8度の対戦成績があります。

夏の大会だけで考えますと4回の対戦があります。

そして春も夏もともに2勝2敗ずつになりまして、合計8回の対戦で4勝4敗ですね。

1968年 大宮工 3対2 尾道商

1991年 広陵  4対2 春日部共栄

1993年 大宮東 5対3 崇徳

1995年 広島工 3対2 鷺宮

1973年 広島商 7対0 川越工

1986年 浦和学院 4対1 広島工

1988年 広島商 4対2 浦和市立

2004年 浦和学院 3対1 広島商

そして今回の対決となります。現在の段階では全くの五分ですね(笑)

広陵高校の準決勝の戦いぶりは?

広陵高校は準決勝で天理高校とまさに壮絶な打ち合いを演じました。

両軍ともに19安打ずつ打つというすごい戦いでしたね。

その中でもやはり中村奨成選手がすごかったです。

この準決勝でも6打数4安打本塁打2本打点7という漫画のような活躍でしたね。

これで16安打となりまして個人安打記録の19も見えてきました。

すでに本塁打と打点の新記録を塗り替えている中村奨成選手が新たな勲章をまた一つ得ることができるかもしれませんね。

ただ投手力はかなり疲労感がありありですので、決勝戦も打ち勝つ野球をしないといけいないでしょう。

花咲徳栄高校の準決勝の戦いぶりは?

準決勝は東海大菅生との延長線の末、競り勝って決勝戦にコマを進めてきました。

決勝進出はもちろん初めてになります。

ここまで打ち勝ってきた印象が強いのですが、準決勝でもその打力は健在で2桁安打を1回戦からずっと記録してきています。

そして1回戦から継続して9点以上取っているという打力も見逃せませんね。

きっちりとした野球をして準決勝を勝ち上がってきた印象がありますので、次の決勝戦でもいい戦いができるのではないでしょうか。

どちらが有利か?

ここまでの投手力の疲労度を考えてみると花咲徳栄高校が若干有利なように思えます。

広陵高校の両投手の疲労度がかなり心配ですね。平元投手も天理戦の最終回にかなり打ち込まれましたから。

これでもし花咲徳栄が勝てば夏の大会は3年連続で関東勢の優勝ということになりますね。(2015東海大相模・2016作新学院)

ただ少し神がかっている中村奨成選手が広陵高校にいますので、彼にいかにいい場面で回せるかが鍵になりそうです。

ただ相手投手の清水投手はこれまで当たってきた投手の中で最もいいピッチャーだと思いますよ。

力と力のぶつかり合いになる予感がします!

広陵高校が勝利すれば昭和63年第70回大会の広島商以来29年ぶりの優勝になります。

一方花咲徳栄高校が勝利すれば埼玉勢は初の夏の大会の優勝といいうことになります。

いずれにしてもいい決勝戦になるようにお互い頑張って欲しいですね!

記事更新の励みになりますので1クリックお願いします!

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

-高校野球

Copyright© 阪神とMLBと高校野球 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.