阪神タイガース

2017CSファースト阪神の先発ローテーションは?メッセは間に合う?

更新日:

2017年、阪神タイガースは5月ごろに一瞬夢を見ることができましたが、なんとか2位は確保できそうですね。

でも広島との戦力差は得点差以上に大きいものがあるのも事実です。

加えてメッセンジャーの故障、藤浪・岩貞の不調、北條・原口の伸び悩みの中、この位置にいるのは逆に凄いですよ!

もちろん今年もまだまだクライマックスシリーズもあります。

もう一度広島への挑戦権を得るべくファーストステージは絶対に突破してほしいところだと思います!

そこで阪神が2位で通過した時にCSのローテーションはどうなるのかを考えてみました!

CSファースト阪神のローテーションは?

CSファーストはペナントレースが終わってからになりますので、ペナントレースの最後の方で登板した投手も投げることができると思います。

10月14日から最後第3戦までありますので、とりあえず3人の先発投手が必要です。

阪神の先発ローテ予想はこうなります。

10月14日 秋山拓巳

10月15日 メッセンジャー

10月16日 能見篤史

f:id:fpcreca:20170919142709j:plain

やはり今シーズン大黒柱としてチームを牽引した秋山投手が第1戦になると思います。

そして骨折で離脱しているメッセンジャー投手が投げられると大きく展開も変わってくると思います!

9月16日・17日に予定されていました中日戦が雨で流れたのはメッセが投げるかもしれないことを考えるとよかったかもしれませんね。

今の予定では10月1日の東京ドームでの巨人戦が最後になっていますが、この後に組まれるのは間違いないところでしょう。

10月7日8日あたりになる可能性が高そうです。

巨人とDeNAの勝敗予想

希望的観測でものを話すとあまりよくありませんので、現実的なことを考えてみましょう。

実際に3位までに入ってくるのはジャイアンツだと思われます。

というのも9月19日の段階ではDeNAとゲーム差なしですが、やはり下位相手への強さを考えた時には巨人が残ると思います。

勝敗予想をしてみましょう。

巨人 残り試合10

広島 2 1勝1敗

阪神 3 2勝1敗

中日 1 1勝

ヤクルト 4 3勝1敗

合計 7勝3敗

73勝67敗3分 

DeNA 残り試合10

広島 2 1勝1敗

阪神 5 3勝2敗

中日 3 2勝1敗

合計 6勝4敗

72勝67敗4分

引き分けの数が違いますので純粋にここから先は多く勝った方が上の順位に行きます。

こう見てみると本当に熾烈な3位争いになってきますよね!

DeNAは阪神戦を4勝1敗で行けばかなりCS出場に有利になりますが、どうなるでしょうね!

巨人はヤクルトの4試合が鍵になると思います。

また阪神は巨人との3戦はDeNAと戦う以上にこの試合にかける意気込みが変わってくると思います!

各球団の思惑が入ってくるシーズンの終盤戦は面白そうですね!

巨人とDeNAのCSローテ予想は?

では巨人とDeNAの先発ローテの予想をしてみましょう。

巨人

第1戦 菅野

第2戦 田口

第3戦 マイコラス

マイコラスは3戦目に置いておくと思われます。

DeNA

第1戦 ウィーランド

第2戦 今永

第3戦 井納

こんな感じになるのでしょうか。

今の調子でいえばウィーランドが1戦目に行く可能性が高そうです。

この先発投手の布陣を見ても阪神はやはり巨人とはやりたくないと思っていますよ。

巨人との3試合は秋山中心になる

ここまで秋山投手の活躍がありましたので、この位置にいるといっても過言ではないと思います。

そうなるとやはりシーズン最後の一番しんどい試合も秋山投手が中心になるのは間違いないでしょう。

メッセンジャーが仮に復帰できたとしても巨人には投げすに中日戦に行くと思われます。

となれば甲子園の20日の巨人戦、東京ドームでの29日の巨人戦に秋山投手が回ると思います。

シーズン最後までどことぶつかるかわかりませんが、そのカギを握っているのが誰でもなく阪神になります!

最後の最後まで目が離せないシーズンになりましたね!

-阪神タイガース

Copyright© 阪神とMLBと高校野球 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.