高校野球

花咲徳栄対東海大菅生の準決勝勝者予想は?埼玉対東京の対戦成績は?

更新日:

第99回夏の全国高校野球選手権大会の第2試合はともに初のベスト4の新興校同士のとなりました。

その第2試合ですが埼玉の花咲徳栄高校と西東京の東海大菅生高校が激突しますね!

f:id:fpcreca:20170821135231j:plain

下馬評から花咲徳栄はそれなりの評価をされていましたが、東海大菅生はくじがよかったともいわれています。

ただ予選で日大三と早実を倒して手に入れた甲子園切符はダテではなかったということがこの甲子園ベスト4で証明されました。

その第2試合についてどちらが有利なのか?また埼玉と東京のこれまでの対戦成績について調べてみましょう。

日大三対花咲徳栄以来6年ぶり

これまで多くの強豪を輩出してきた両地区ですが、今回の対戦の前は2011年に日大三対花咲徳栄の戦いが2回戦であり、11対4で日大三が勝利しています。

今回も花咲徳栄が西東京勢とあたりましたが、なんとかここはリベンジしたいところでしょう。

過去の埼玉対東京の対戦成績は?

そしてこの対戦以外ではこれまで春を含めて6度の対戦成績があります。

これは西東京だけではなく東東京も含めた数字ですが5勝1敗で東京がリードしています。

唯一勝利したのは1993年春の選抜大会で大宮東高校が準決勝で国士館高校を4対3で勝利したことがありますね。

このように調べるとやはり東京勢が優勢のように思えますが、今年はどんな戦いになるでしょうか。

花咲徳栄高校のここまでの戦いぶりは?

1回戦からの登場の花咲徳栄高校ですが、これまで猛打で圧倒して勝ち上がってきました!

まず1回戦の開星戦は9対0と投打に圧倒しました。15安打の猛攻でしたね。

そして2回戦では日本航空石川との戦いでここも9対3と快勝します。この試合も2桁の11安打を放っています。

3回戦は2013年の覇者である前橋育英との対戦でしたが、ここも序盤からの集中打で序盤から優位に試合を進めて10対4で勝利。

またまた2桁安打の11安打でした。

そして準々決勝では岩手の盛岡大付に対してこの日も2桁安打となる12安打10得点で10対1と快勝しています。

ここまで4試合で放った安打は51安打を放っています。

やはりここまでは打ち勝ってきた印象が強いですね。

東海大菅生高校のここまでの戦いぶりは?

2回戦から登場の東海大菅生高校ですが、高岡商業戦は11対1と終盤の猛攻で勝利を手にしました。

そして続く3回戦では強豪青森山田を9対1で下しています。

準々決勝ではベスト8に唯一残った公立高校で香川の三本松高校にこれも9対1で勝利。

ここまでは全く危なげない勝ち方をしてきました。

投手もここまで3試合で3失点ですから、ホームランがたくさん出ているこの大会の中では優秀な方だといえるでしょう。

ここまでの試合は3試合で松本投手と戸田投手だけで勝ち上がってきています。この試合の先発は多分松本投手でしょう。

もちろん戸田君との継投も十二分にあると思いますよ!

どちらが有利か?

総合力を考えると花咲徳栄が有利なように思えます。

ただ練習試合では東海大菅生が大勝しているみたいですが笑

でも練習試合なのであてになりません。

東海大菅生の方が少し相手に恵まれた印象がありますので、花咲徳栄戦ではここまで打てないではないでしょうか。

一方の花咲徳栄は埼玉県勢24年ぶりの決勝戦進出を目指します!もちろん花咲徳栄自体も初の決勝となります!

もし東海大菅生が勝てば2011年の日大三以来6年ぶりの西東京勢の決勝進出となります!

関東決戦は壮絶な打ち合い勝負と予想します!

7,8点が一つのポイントとなりそうです。→勝者予想的中しました!

-高校野球

Copyright© 阪神とMLBと高校野球 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.