1. TOP
  2. NPB記録
  3. シーズン2位以下からの下克上日本シリーズの過去の成績は?日本一は何回ある?

シーズン2位以下からの下克上日本シリーズの過去の成績は?日本一は何回ある?

 2018/10/24 NPB記録   293 Views

さていよいよ2018年の日本シリーズが始まりますね。

今年のシリーズは福岡ソフトバンクホークスと広島東洋カープが対決します。

ただパリーグは優勝チームではないのですが…

それではこれまで優勝チームあるいはシーズン1位ではないチームとの日本シリーズはこれまでに何回あったのか少し調べてみました。

2004年西武ライオンズ

シーズン1位は優勝ではない年

この年はパリーグだけがプレーオフ制度を設けていた年ですね。

ただ西武ライオンズはシーズンは2位でしたけどプレーオフに勝利したのでパリーグの優勝チームでした。

ただしシーズンは2位以下でしたので、ここに含めることにしました。

このプレーオフの制度は2004年から2006年までの制度で2007年以降はシーズン1位は優勝チームとなっています。

西武対中日の日本シリーズ

この年はパリーグのシーズン1位はソフトバンクホークスでしたが、プレーオフで2勝3敗で敗れて日本シリーズ進出を逃しました。

そしてパ・リーグ優勝チームとなった西武ライオンズが中日ドラゴンズを4勝3敗で破り日本一を掴みました。

第1戦 西武2-0中日 ナゴヤドーム
第2戦 中日11-6西武 ナゴヤドーム
第3戦 西武10-8中日 西武ドーム
第4戦 中日8-2西武 西武ドーム
第5戦 中日6-1西武 西武ドーム
第6戦 西武4-2中日 ナゴヤドーム
第7戦 西武7-2中日 ナゴヤドーム

ただシーズンでの2位チームが日本一になったことで少し問題とされたのは事実ですね。

このシリーズでの最優秀選手は石井貴投手が獲得しました。

勝者:2位チーム西武

2005年千葉ロッテマリーンズ

この年もパリーグのシーズン1位はソフトバンクホークスでしたが、前年に続きプレーオフで2勝3敗で敗れて日本シリーズ進出を逃しました。

この年は阪神ファンの私からすると忘れられない日本シリーズですね。

4勝0敗で千葉ロッテマリーンズに敗れた年になりました。

第1戦 ロッテ10-1阪神 千葉マリンスタジアム
第2戦 ロッテ10-0阪神 千葉マリンスタジアム
第3戦 ロッテ10-1阪神 甲子園
第4戦 ロッテ3-2阪神 甲子園

4戦の合計得点がロッテ33点、阪神4点で33-4シリーズとも呼ばれていました。

このシリーズでの最優秀選手は今江敏晃選手が獲得しました。

阪神ファンからしたらトラウマになるシリーズでしたがもう13年も経ちますので忘れかけています(笑)

勝者:2位チーム千葉ロッテ

2007年中日ドラゴンズ

この年の中日ドラゴンズはシーズンは2位でしたがクライマックスシリーズで巨人を3勝0敗で倒して日本シリーズに進出した年でした。

そして前年に日本シリーズで敗れた日本ハムを4勝1敗で倒して実に53年ぶりの日本一に輝きました。

第1戦 日本ハム3-1中日 札幌ドーム
第2戦 中日8-1日本ハム 札幌ドーム
第3戦 中日9-1日本ハム ナゴヤドーム
第4戦 中日4-2日本ハム ナゴヤドーム
第5戦 中日1-0日本ハム ナゴヤドーム

意外なことですが、落合監督が日本一になったのはこの2位から進出したこのシリーズだけなんですね〜

非常に意外ですが、こんなものなのかもしれません。

また山井投手が8回までパーフェクトピッチングをしていて9回に岩瀬投手に交代したことも大きなニュースになった年でしてた。

このシリーズでの最優秀選手は中村紀洋選手が獲得しました。

勝者:2位チーム中日

2010年千葉ロッテマリーンズ

史上最大の下克上ということで当時下克上という名前が話題になったのがこの千葉ロッテマリーンズでした。

パリーグでの順位も3位からでしたので、クライマックスシリーズファースト、クライマックスシリーズファイナル、そしてこの日本シリーズを勝ち抜きました!

第1戦 ロッテ5-2中日 ナゴヤドーム
第2戦 中日11-2ロッテ ナゴヤドーム
第3戦 ロッテ7-1中日 千葉マリンスタジアム
第4戦 中日4-3ロッテ 千葉マリンスタジアム
第5戦 ロッテ10-4中日 千葉マリンスタジアム
第6戦 中日2-2ロッテ ナゴヤドーム
第7戦 ロッテ8-7中日 ナゴヤドーム

このロッテの優勝はシーズン3位チームでの初めての優勝となり日本シリーズの権威とか色々と言われていましたが、結局何も変わっていませんね。

このシリーズでの最優秀選手は今江敏晃選手が2度目のMVPを獲得しました。

勝者:3位チーム千葉ロッテ

2014年阪神タイガース

この年の中セリーグの優勝チームは読売ジャイアンツでしたが、珍しく阪神タイガースがクライマックスシリーズを勝ち抜き日本シリーズに進出いたしました。

しかし日本シリーズでは3度目の対戦となった福岡ソフトバンクに1勝4敗で敗れました。

第1戦 阪神6-2福岡ソフトバンク 甲子園
第2戦 福岡ソフトバンク2-1阪神 甲子園
第3戦 福岡ソフトバンク5-1阪神 ヤフオクドーム
第4戦 福岡ソフトバンク5-2阪神 ヤフオクドーム
第5戦 福岡ソフトバンク1-0阪神 ヤフオクドーム

意外なことですが、落合監督が日本一になったのはこの2位から進出したこのシリーズだけなんですね〜

非常に意外ですが、こんなものなのかもしれません。

このシリーズの最優秀選手は内川聖一選手が獲得しています。

そしてこの日本シリーズが2位以下のチームが日本シリーズに進出して初めてシリーズで敗れたチームになりました。

阪神らしいといえば阪神らしいです(笑)

勝者:優勝チーム福岡ソフトバンク

2017年横浜DeNAべイスターズ

そして記憶に新しい2017年の横浜DeNAベイスターズですね。

しかし日本シリーズではパリーグ覇者の福岡ソフトバンクに2勝4敗で敗れました。

第1戦 福岡ソフトバンク10-1横浜DeNA ヤフオクドーム
第2戦 福岡ソフトバンク4-3横浜DeNA ヤフオクドーム
第3戦 福岡ソフトバンク3-2横浜DeNA 横浜スタジアム
第4戦 横浜DeNA6-0福岡ソフトバンク 横浜スタジアム
第5戦 横浜DeNA5-4福岡ソフトバンク 横浜スタジアム
第6戦 福岡ソフトバンク4-3DeNA ヤフオクドーム

福岡ソフトバンクはここ最近は短期決戦に非常に強くなっているイメージがあります。

このシリーズでも王者の貫禄を見せて日本一に輝きました。

このシリーズの最優秀選手はシーズンと一緒でサファテ投手でした。

勝者:シーズン優勝福岡ソフトバンク

シーズン2位以下からの下克上まとめ

これまでの下剋上シリーズについて見てきましたが、これまでは6回のシリーズがありました。

シーズン1位で勝利できたのは2014年と2017年の福岡ソフトバンクホークスだけですね。

つまりシーズン2位以下からの優勝は4勝2敗だということがわかりました。

今回の対戦が7回目になりますね。

やはり2位以下から勝ち上がってきたチームには勢いがあるのかもしれません。

2018年の福岡ソフトバンクホークスは過去に3度シーズン1位から優勝を逃していますので、今回が逆の立場になって初めての日本シリーズとなります。

対する広島ですが、逆に昨年の2017年に下剋上を許して日本シリーズに進めなかったので、今回は完璧に近い形でクライマックスシリーズを勝ち抜きました。

それとこれまでにホークスが日本シリーズで敗れた相手は全て読売ジャイアンツで、他のチームとのシリーズは全て勝利しているというのもホークスを後押しするデータかと思います。

どんなシリーズになるか楽しみですが、シーズン2位からの日本一があるのでしょうか?

こちらの方も確認してくださいね!

2018日本シリーズの優勝予想は?広島対ソフトバンクの過去の対戦成績は?

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

阪神とMLBと高校野球の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

阪神とMLBと高校野球の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 日本プロ野球安打数ランキングは?現役選手の順位はどうなの?

  • 日本シリーズ3連勝3連敗の後の結果は?逆転Vはあるか?

  • 日本シリーズのセパ対戦成績!セパ優勝回数は何回ずつでソフトバンクは??