阪神タイガース

阪神藤浪晋太郎のノーコンは治ったか?8月27日巨人戦で復帰登板

更新日:

阪神タイガースだけではなく球界の宝ともいえる藤浪晋太郎投手。

深刻な制球難でファンの方のみならずプロ野球ファンを心配させていた彼が8月27日に再度一軍登録をされて登板しました。

f:id:fpcreca:20170828072124j:plain

6回までは無失点で抑える好投はしましたが、7回に村田修一選手に当てた死球から突如崩れて6回1/3を3失点という復帰マウンドになりました。

注目の四死球は4つでしたね。

初回から指にかかったボールを投げる

巨人戦を最初から注目して見ていましたが、陽岱鋼選手に対する1球目はものすごいボールでしたね。

そして三振にとった球も圧巻のボールでした。

マギー選手と阿部選手にヒットは打たれたものの、まずは上々の滑り出しといっていい投球だったと思います。

ただ気になったのが、捕手の坂本誠志郎捕手が内角に一球も構えなかったことですね。

見ていた人はわかると思うのですが、右打者には全て外角だけで勝負していました。

でも逆に外角だけで勝負できるボールを持っているのは本当にすごいですね。

解説をしていた宮本慎也さんと和田一浩さんも同じような感じのことをいっていました。

2回から6回は無安打に抑える

そして2回から6回のピッチングはなかなか見るべきものがありましたね。

やはり腕を強く振ろうというのが垣間見えましたし、そもそものボールの勢いが違います。

そこまでは四球も2つほどに抑えていましたし、首脳陣もファンも一安心といったところだったのではないでしょうか。

ただ個人的には結果論ではなく6回あるいは5回で降ろしていてもよかったような気がします。

というのも2日前に中継ぎ登板とはいえ投球はしていましたし、いい結果のまま次に繋げた方がいいのでは?と思ったからです。

7回村田選手にデッドボールを与えて暗転

7回の最初の打者である阿部慎之助選手を抑えて、さああと右打者2人抑えたらというところまで来たのですが、村田選手にすっぽ抜けで死球を与えましたね。

管理人的には、ここで変えてもよかったと思っています。

というのも明らかにすっぽ抜けのボールが少し出て来たように感じたからです。

結果代走の重信選手に盗塁を許し、亀井選手にタイムリーを浴びました。

そして長野選手を歩かす感じでしたが、逆玉というか外そうと思った球が全然違うところにいく感じはまだ制球難の改善まではいっていないのがわかりましたね。

解説の和田一浩さんが序盤に指摘していた回が進んでどうなるか?といった不安がまともに出た感じですね。

それはやはり前々日に登板したことも影響がないことはない気がするんですね。

ただ金本監督以下首脳陣は一定の評価を見せたとのこと。

もちろん本当は大黒柱としてやってもらいたい選手でしたから、次に期待したい気持ちはわかりますよね。

次回のピッチングは甲子園

次の登板もあることを示唆した金本監督ですが、次回の登板は9月3日の甲子園が有力です。

本拠地ですし、鳥谷選手の2000本がかかる試合かもしれませんので、満員になるのは間違いないでしょう。

そこでどんなピッチングができるのか?

高校時代に負けなかった甲子園球場でいい姿を取り戻して欲しいものです。

ノーコンは治ったか?

もちろんこの1回だけのピッチングで安心することはできませんね。

しかもこの巨人戦のピッチングを見れば右打者にはほぼ内角に投げることがないとわかったはずです。

そうなると当然相手チームは今度右打者ばかりのオーダーを今後組んでくる可能性もありますね。

ただ一つ言えることは彼のボールがきちんとコーナーに行けばそう簡単にはコースがわかっていても打てないというのが本人が自覚すればもっと自信を持って投げれるのではないかな?と思いました。

相手投手の畠投手は大卒ルーキーですので同学年になります。気迫がにじみ出ていた気がしました。

藤浪投手も自分との戦いをするのではなく相手バッターをねじ伏せてやるという気持ちで投げれば復活への道は開けるのではないか?と思った試合でした。

次回の登板も見逃せなくなりました!

-阪神タイガース

Copyright© 阪神とMLBと高校野球 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.