阪神タイガース

藤浪晋太郎投手は2018年に復活なるか?江夏と野茂の解説に納得

更新日:

藤浪晋太郎投手を立てて挑んだ天王山の第1ラウンドでしたが、広島に劇的なサヨナラ勝ちを許してしまった阪神タイガース。

坂本捕手のリードが甘いな〜、と思いつつもチーム力自体はしっかり上がっていると感じた試合でしたね。

ただそのチーム力をさらに上を行くのが今の広島ではないでしょうか。特にやはり走塁の部分がかなり違うと思いますね。

それとドリスのホームランは防げたホームランだと思いますが、まあそれも勝負のうちでしょう。

切り替える他仕方がありませんね。

今年の優勝がほぼ絶望的となりましたが、阪神が来季優勝するには藤浪晋太郎投手の復活は必要不可欠になってくると思います。

f:id:fpcreca:20170906062230j:plain

そのことについて江夏豊さんと野茂英雄さんの解説を聞いていて思ったこと感じたことを書いて見たいと思います。

野茂さんの解説は味がある

野茂投手といえばもちろん大投手ですが、コントロールの悪い投手としても有名でしたね。

その野茂投手が現在ノーコンの藤浪投手のことをどのように話すのか、と思って聞いていたら「体がバッターに向かっていっていない」ということを言われていました。

入団当初から言われていたインステップの悪癖を直したために、右打者に対して体が向かっていないから怖さがないと。

場合によっては、インステップに戻してもいいのでは?というような趣旨のことも話されていたと思います。

そして丸選手に当てた死球はいいボールだったので、気にせずにあのボールを使えばいうと言われていましたね。

確かに丸選手に当てたデッドボールはこれまでに右打者に当てたものとは性質が違いました。ただ当てた後の顔は同じだったので、もうあの球は要求できないとなったのでしょう。

そして結局その後の打者安倍選手にはまっすぐを狙い打たれていましたね。

これは最後のドリスがホームランを打たれた時もそうですが、なんでも振ってくるバッターなので、ストライクで勝負する必要はないと言っていました。

それは7回のタイムリーの時もそうでしたし、9回に2塁にランナーがいった後も同じことを言われていましたね。

藤浪投手に対して「打者に体ごと入れていかないと抑えることはできない」と言っていたあたりはさすがだな、と思いました。

何かのきっかけで変わるともおっしゃっていましたので、野茂投手に秋季キャンプの時に臨時コーチを頼めたらいいのにな、と思った次第です(笑)

江夏さんの解説について

共感する部分は多かったような気がします。

金本監督はやはり晋太郎をなんとか復活させたいという気持ちはわかるのですが、復帰戦が広島、そして巨人、その後また広島というのはあまりにも今の状態の藤浪には荷が重いと思ったのはファンの方も同じ心境でしょう。

確かにファームの相手でも同じようなピッチングでしたので、強い相手にぶつけることによって闘争心を蘇らせると思って投げさせたのだと思いますが、今恐る恐る投げている感じがしますもんね。

そしてこの大事な大事な3連線の頭に使うのは大博打だとも言われていました。

同じバクチならメンドーサの方がよかったような気もしますね。

江夏さんはタイガースに対して愛情があるのだと思いますが、「今の藤浪は使えない」と思っているのは間違いないでしょう。

金本監督はどう思ってるのか?

そもそも私はこの試合の前まで見ても、そしてこの試合を見ても勝負は来年に持って来ているのでは?と思っていましたので、4回で藤浪を代えたのは逆に驚きでした。

彼に来年頑張ってもらうために、そして彼の力が絶対に必要ということをわかってもらうためにあえてこの3連線のアタマに持ってきて気持ちを伝えたかったのではと思っています。

それは8回に石崎投手を我慢したのも同じ理由なのではないでしょうか。

もし目の前の試合を取りに行くのであれば、8回にさらに追加点を取られるのは致命的になりますのでピンチの場面で石崎投手を代えていたと思いますが我慢しましたし。

坂本捕手のリードにも色々と思うことはあったでしょうけど、今は我慢して起用していましたし。

ただ藤浪投手には違うアプローチが必要なのでは?と思っているかもしれませんね。

最後に

江夏・野茂コンビの解説でしたが面白いのは面白いのですが、ブツブツ言っていることが多く聞き取りにくい!と思った人は多かったでしょうね(笑)

でももっと野茂投手の投手心理のことを聴きたいな、と思いました。

やはり日本からメジャーに渡った開拓者は神経が図太いのもよくわかりましたし!

それと野茂さんは阪神ファンなんですよね。

これからも味のある解説を聞かせて欲しいですね!

-阪神タイガース

Copyright© 阪神とMLBと高校野球 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.