阪神青柳晃洋はアンダースローで頭髪はハゲ?年齢や年俸成績とメルカリとは?

阪神タイガースの青柳晃洋投手は今球界では珍しいアンダースローの投手です。

ずっと期待されながらもなかなかコントロールが不安で一軍に定着することができていません。

またフィールディングも一塁への送球でも安定するとローテーション投手になれると思うのですが。

来季に飛躍をかける青柳投手について調べてみます。

青柳晃洋選手のプロフィール

  • 生年月日  1993年12月11日(24歳)
  • 出身地   神奈川県横浜市
  • 出身高校  川崎工科高校→帝京大学
  • 身長    182センチ
  • 体重    79キロ
  • 入団    2015年ドラフト5位
  • 背番号   50

青柳投手は2015年のドラフト5位で阪神タイガースに指名されていますね。

帝京大学という少し大学球界ではマイナーな大学ですが、ドラフトにかかるということはこの時期から片鱗を見せていたんでしょうね。

ドラフトの同期でいうと、この年の1位は高山俊選手、2位が坂本誠志郎捕手と同期になります。

青柳投手の年俸は?

青柳投手はドラフト5位での入団ですので、契約金及び年俸は順位に応じてのものとなります。

契約金4000万円でした

 

入団初年度2016年の年俸は720万円ですね。

入団して1年目から一軍での登板を果たし、しかも初勝利もあげています。

この年は金本監督の就任初年度で4勝をあげることができています。

2017年には年俸は1200万円に上がっていますね。

そして期待された2017年でしたがまた4勝をあげました。

それでは2016年からの年俸推移を見ていきましょう。

[surfing_su_box_ex title=”青柳投手の年俸推移” box_color=”#19ba00" radius=”5"]

  • 2016年 720万円
  • 2017年 1200万円
  • 2018年 1300万円

[/su[/surfing_su_box_ex]

青柳投手のこれまでの成績は?

入団初年度から活躍をしている青柳投手ですが、これまでの成績を見てみましょう。

年度 勝利 敗戦 防御率 投球回数
2016 4 5 3.29 68.1
2017 4 4 3.22 64.1
2018 1 0 5.06 5.1

(2018年は9月8日現在)

2016年、2017年はともに4勝をあげていますから、十分一軍の戦力にはなっています。

ただアンダースローで力のある投手ですからもっと勝ってほしいと金本監督は思っているのかもしれませんね。

迎えた2018年ですが、開幕から二軍が続いていましたがようやく9月に上がってきて勝利をあげました。

残り試合も少ないですが、アンダースローの投手は貴重ですし、活躍すれば大きな戦力になります。

彼の場合はストライクさえ入れば抑えるだけの力はありますから。

2019年には大きな飛躍を遂げて欲しい投手の一人になります。

青柳晃洋投手の頭髪が話題?

青柳投手を調べて見ると、かなり調べられていることがありましてそれが頭髪になります。

髪の毛が少し薄いということが言われており、「ハゲ」とかいう言葉でも調べられていますね。

よくよく見ると確かに少し薄い感じはします。

活躍すればするほど頭髪が注目されるのかもしれませんが(笑)

メルカリとは一体何?

青柳投手のことを調べていると、「メルカリ」という言葉で調べられていることがあるようです。

一体どういうことなのかもう少し詳しく調べてみると、青柳投手の毛をメルカリで売っていることがあったとのこと。

ただ今調べてみても出てきませんけどね(笑)

本物かどうかわかりませんが、かなりのネタではあります。

しかし球界でも数少ないアンダースローの投手がローテーションに入れば、かなりの活躍を見込むことができます。

来年以降に阪神が優勝争いをするのに必要な存在ですから、残りシーズンも頑張ってもらいましょう!