2019選抜高校野球大会初日予想!呉対市和歌山・高松商対春日部共栄・履正社対星稜の見所は?

2019年3月24日

いよいよ春の選抜高校野球第91回大会が始まりますね!

今大会は大阪桐蔭の3連覇が注目されていた大会でしたが、なんと選考で漏れてしまいました。

そしてその大阪桐蔭不在の今大会の本命は奥川投手擁する星稜高校と言われていますが、いきなり初日にビッグカードが組まれました!

今大会も昨年の大会同様、毎試合の予想をしてみたいと思います!

大会第一日目は3試合

今大会は例年通り32校の出場となっており、ほとんどの日程で毎日3試合の日程が組まれています。

ですので朝がとにかく早い時間帯の試合はありませんので体調を整えやすいかもしれませんね!

私も見にいこうと思っている大会初日の予想をしていこうと思います。

呉対市和歌山の見所と勝利予想は?

  • 中国代表 呉(2年ぶり2回目)
  • 近畿代表 市和歌山(3年ぶり6回目)

中国地区から出場の呉高校ですが、2年ぶりの出場になります。

広島は広陵が強いイメージでしたが、呉は選考の最後で選ばれていますね。

しぶといチームカラーが持ち味といったところでしょうか。

対する市和歌山ですが、今年はかなり戦力が整っていると考えて良いでしょう。

最近の和歌山は智弁和歌山とこの市和歌山が強い感じですね。

私は関西人ですのでどうしても贔屓目に見てしまうところはご了承を(笑)

このチームは近畿を制した龍谷大平安とも良い試合をしていますので、力は少し上に感じています。

和歌山の両校が勝ち進む展開になるかもしれません。

勝者予想:市和歌山→的中しました!

結果 市和歌山3-2呉

高松商対春日部共栄の見所と勝利予想は?

  • 四国代表 高松商(3年ぶり27回目)
  • 関東代表 春日部共栄(22年ぶり3回目)

この試合はかなり見応えのある試合になるのではないでしょうか。

四国を制した高松商と関東大会準優勝の春日部共栄の対戦ですね。

高松商は3年前の準優勝が記憶に新しいのですが、当時のチームは打力がかなり優れているチームでした。

今年のチームも完成度はかなり高いと思われます。

対するここ最近強い埼玉勢の春日部共栄ですが、ここも戦力は整っているでしょう。

関東大会は準優勝をしていますので、当然ここでも良い戦いをすると思います。

 

ただ関東と四国の対戦ではなんとなく四国が勝ちそうなイメージがいつもあります。

今年もその私の直感を信じて高松商有利としました!

勝者予想:高松商→的中しました!

結果 高松商8-0春日部共栄

履正社対星稜の見所と勝利予想は?

  • 近畿代表 履正社(2年ぶり8回目)
  • 北信越代表 星稜(2年連続13回目)

さて大阪チャンピオンの履正社がいきなり優勝候補筆頭の星稜とぶつかる好カードが組まれました。

この2年間は大阪桐蔭が本当に大阪代表として頑張っていましたが、履正社も引けを取らない良いチームだったんですよね。

ただ秋季大会にコールド負けを喫したのが少し評価を落とさざるを得ないところでもあります。

対する星稜はかなり戦力が充実していると思って良いでしょう。

特に主戦の奥川投手はプロ注目の投手と言われています。

150キロを越す速球が持ち味で今大会ナンバー1投手との呼び声も高いだけに履正社打線はなかなか打てないのではないでしょうか。

希望を込めて接戦で3点勝負と予想します。

勝者予想:星稜→的中しました!

結果 星稜3-0履正社

大会初日の予想は3勝0敗!

大会初日まとめ

初日から力のあるチームが出場してきました。

特に星稜は今大会でも優勝候補の一角に挙げられるほど戦力が充実していると言われています。

私も見に行く予定にしていますので、本当に第3試合が楽しみですね。

どんな試合になるかはわかりませんが、地元近畿の代表校だけに良い試合を見せてもらいたいと思っています。

そして奥川投手がどんなピッチングするのかにも興味があります。

履正社との対戦が楽しみです!