2019阪神タイガースのローテーションは?新外国人投手とドラフト入団は入る?

2019年は金本監督が勝負の4年目になりますね!

メッセンジャー投手が日本人扱いになることで、外国人投手の補強が進みそうです。

元中日監督である落合博満氏も阪神優勝の鍵はピッチャーだと言い切っています。

2019年の阪神タイガースのローテーション投手はどうなるのか?

少し早いですがもう来季のことを考えてみたいと思います。

開幕投手は日本人枠のメッセンジャーか

日本のプロ野球はローテーションを6人で回しているところが多いですね。

ただ実際のところ6人しっかりと揃っている球団はほとんどありません。

ただ開幕投手はその年の中心になる選手ということになりますので阪神の場合はこの人しかいないでしょう。

阪神の開幕投手はメッセンジャー投手で決まりでしょう。

2019年には38歳になりますが、2018年も大きく崩れることは少なかったです。

そして2019年シーズンからは日本人枠で出場できるのもかなり大きいでしょう。

2番手以下は混戦

メッセンジャーに続く2番手投手には誰が来るでしょうか?

実力的に考えると藤浪晋太郎投手は外せないところですが、ここ3年はかなり伸び悩んでいます。

しかしシーズン終盤には復活の光明は見えてきました。


そうなるとローテーションの軸に、と考えるのは当然のこと。

キャンプから開幕に向けて2019年こそ大きな飛躍を期待したいですね。

ローテーションの軸になって15勝以上!と期待したいところです。

秋山投手は復活なるか?

次に続くのは2017年シーズンで2桁勝利を挙げることができた秋山投手です。

2018年は本人も不甲斐ない投球だったと感じていることでしょう。

彼がローテーションに入ってくれないと計算が立たないですからね。

2017年並みの活躍を期待したいところですがどうでしょうか?

左投手のローテーション候補は?

ここまで3人の名前を挙げましたが全て右投手です。

左投手の一番手として上がるのは実績からも岩貞投手になりますでしょうか。

2018年は勝ち星こそ伸びなかったものの、ローテーション投手としてはある一定の成績を挙げたと思われます。

2016年の時のように2桁勝つくらいの飛躍を期待したいところです。

そして個人的に大きな期待を寄せているのが2017年ドラフト2位だった髙橋遥人投手です。

2018年はルーキーながらプロ初勝利を挙げていますし、ストレートの伸びには大きな期待をかけられるものがあります。

彼が一年間ローテーションを守れるくらい成長しますと阪神のピッチングスタッフは一気に強力なものとなるでしょう。

小野投手と才木投手には大きな飛躍を期待!

そして2018年に一応ローテーション投手として一年戦った小野投手は2019年には更なる飛躍を期待したいですよね。

四球から崩れることが目立ったシーズンでしたので、四球を少なくすることが彼の課題になってくるとは思いますが。

順調に成長すれば2桁勝てるだけの投手だと思いますので、なんとか課題を克服してほしいですね。

そして2018年には初勝利を挙げた才木投手ですが、2019年にはエース級の働きを期待できるほどの好素材だと思います。

彼にももちろん2桁期待ですが、もっと上のレベルを期待できるほどの選手だと個人的には思っています。

藤浪投手の3年目14勝をあげたシーズンくらいの活躍を期待します!

2019開幕ローテーション予想は?

キャンプ前の段階ですし新外国人もドラフトも誰を取るのか全くわかりませんが、現段階でのローテ候補を考えてみます。

メッセンジャー以外の投手は全員20代で回せるほど質量ともに豊富なものがあります。

もちろん新外国人選手で先発タイプの人がこの中に入ってはくるのでしょうけど。

表ローテ

メッセンジャー・岩貞・才木

裏ローテ

藤浪・高橋遥・小野(秋山)

こう考えると全然投手がいないということはないですよね。

秋山投手や青柳投手もこの中に入るだけの実力は十二分に持っています。

また今年一軍でよく登板した望月投手は来期にはかなり期待ができるとも思っています。

他にも2018ドラフト1位の馬場投手もいますし、投手はやはり揃っていると思います。

ドラフトでも投手が必要といわれていますが、そんなに他の球団と比べると困っていないと思うのですが…

むしろ阪神はやはり打線の方が問題なので、新外国人は野手の方を優先すべきだと思いますがね。

FAやドラフト、外国人含めて予想というか予定は変わってきます。

2019年に真剣に優勝を目指すのであれば投手と打力を総合的に考える必要がありそうです。

そういう意味では投手は先発投手よりも救援陣の方が高齢化が進んで言いますのでそちらに若手を一人持っていけるとよいと思います。

野球はやはり投手ですので、阪神の投手陣には今後も注目して行きたいと思います!