2018年夏の甲子園100回大会の日程は?開幕日と決勝戦や大会の注目選手は?

2018年7月26日

2018年も当然のことですが夏の全国高校野球が行われます。

この甲子園の時期は本当にに大阪地区は暑いんですよね。

夏の風物詩ともいえる全国高等学校野球選手権大会について開幕日の日程や注目選手などについて取り上げてみたいと思います。

夏の甲子園の日程は?

高校野球は毎年大体8月6日とか7日あたりに開幕するイメージですよね。

以前は8日開催と固定されていたように感じますが、最近は大会によって少し前後する感じがあります。

そして2018年第100回大会の甲子園の開幕日を調べました。

[surfing_su_box_ex title=”第100回全国高校野球選手権日程” box_color=”#f20000" radius=”7"]

[sur[surfing_su_list_ex icon=”icon: check-circle”]

  • 8月5日(月)から21日(月)まで17日間(雨天順延有り)
  • 開幕日 8月5日(日)
  • 決勝戦 8月21日(火)
  • 組み合わせ決定日 8月2日(木)

[/su[/surfing_su_list_ex]

[/su[/surfing_su_box_ex]

以上のような日程になっています。

今大会から以前は無料で解放をしていた外野席が有料になります。

大人500円で子供は100円とのことですね。

また今年は甲子園練習は行わないとのことですが、これはやはり出場校が増えることも関係してるのでしょうね。

準々決勝は18日の土曜日、準決勝は20日の月曜日です。

地元近畿勢が残っていれば超満員確実ではないでしょうか。

甲子園球場へのアクセスは?

甲子園球場へのアクセスは阪神電車が一番便利ですね。

近隣に駐車場もありますが、長時間置いておくと料金が結構かさみますしね。

阪神甲子園球場へは大阪梅田駅からは特急電車で約15分で着きます。神戸三宮からは大体20分位ですね。

炎天下での試合観戦となりますので熱中症対策は必ずして行ってくださいね!

特に今年は異常なくらいの暑さですので本当にちょっと心配になります。

もちろん甲子園名物のかちわりを球場で食べるのもおいしいですよ!

大会の注目選手は?

現段階ではどこの高校が出場するのはまだ決まっていませんので、注目選手を書くことはできませんが、もし出場することになれば最も注目される選手は阪桐蔭の根尾昴選手でしょう。

大阪桐蔭根尾昴はドラフト候補!身長や中学なども調査!

彼は選抜でも二刀流として注目を集め、さらに胴上げ投手にもなっています。

他にも大阪桐蔭には藤原選手などドラフト1位候補の人が目白押しにいます。

北大阪大会の代表校決定予定は7月29日です。要注目ですね!!

大会の注目校は?

まだどこの学校が出場するかは決まっていませんが、もし出場すれば春のセンバツを制した大阪桐蔭は注目が集まるでしょう。

ただこの大阪には昨年センバツの決勝戦を戦った履正社高校がありますので、簡単に出ることはなかなか難しいですね。

今大会出場すれば4季連続の出場になり、史上初2度目の春夏連覇を目指します。

他にも選抜で準優勝の智弁和歌山はこの大阪桐蔭に5回連続で負けているので、最後の夏はなんとか一矢を報いたいと考えているでしょう。

また神奈川の東海大相模や横浜も出場してくればかなりのライバルになるのは間違いありません。

第100回大会まとめ

100回大会を迎える夏の甲子園大会。

出場校も今年の49校から56校に増えることが決まっています。

昨年からかなり注目されている選手も大勢います。

暑さがとんでもないことになっていますが、最後まで目が離せない大会になって欲しいですね!

2018全国高校野球選手権夏の甲子園ベスト8を予想!組み合わせは8月2日!