阪神タイガース

2018阪神タイガース坂本・梅野・原口で正捕手争いが熾烈に!

投稿日:

阪神タイガースの2017年は正捕手が固定できそうでできませんでしたね。

キャンプの時には捕手で練習していた原口選手が、オープン戦では一塁に回って結果的にバッティングの状態も上がりませんでしたね。

このオフからは再び捕手に再チャレンジという情報が出ていましたので、これは楽しみになりましたよ!

では2018年の正捕手は誰になるのか?

それぞれの課題などを見ていきましょう!

梅野隆太郎捕手

2017年の出場試合数は112試合の出場でもっとも多くの試合に出場した梅野捕手。

前半戦はオールスターに選ばれるなどして、いい活躍をしていたと思います。

ただシーズンの中盤から中継ぎ陣の調子と先発陣の不調もあり、彼もスタメンマスクの機会が少し減ってきましたね。

2017年は結婚もしていい活躍をしたとは思いますが、正捕手になるところまではいきませんでした。

課題

彼の課題は何と言ってもバッティングでしょう。

ここを改善しなければ、9番に投手が打席に入るセリーグでは厳しいですね。

打率.206はあまりにも低すぎます。

ワンバウンドを止める技術と方は文句ないだけに打つ方をもう少し頑張って欲しいところでしょう。

坂本誠志郎捕手

シーズン後半から続けてスタメンマスクをかぶるようになった坂本誠志郎捕手。

2017年は前半怪我で戦列を離れていましたが42試合の出場でしたね。

坂本捕手の場合は何と言っても矢野コーチとの関係がいつもクローズアップされます。

坂本誠志郎を使うのは矢野コーチと何かある?梅野を使わない理由は?

別に坂本捕手を優先的に起用している訳ではなく、プロから見て坂本捕手の方がいい、という判断なのかもしれませんがファンから見て納得できないことが多かったですね。

特にクライマックスシリーズの3戦目に能見投手と特に相性がいいと思えない坂本捕手が起用された時には驚きでした。

2018年は矢野コーチが二軍監督になりますので、そのあたりの影響があるのかないのか。

阪神ファンはいい争いを期待しますよね。

課題

彼の場合は肩でしょうか。どうしても梅野捕手と比べると、ワンバウンドをそらしたり、盗塁をよくされたりとそういうイメージが強いですね。

またリードに関しても、解説者から苦言を呈されることも多かったように思いますね。

ただ梅野捕手よりはバッティングは上だと思います。

キャンプ中に守備力を上げて欲しいと思います。

原口文仁捕手

2017年オフからキャッチャーに再チャレンジする原口捕手。

2016年に一躍スターになるような活躍をしましたが、2017年は活躍できませんでした。

バッティングはキャッチャーにしてはいいものがあったので、そこを生かしてファーストにコンバートされたのですがバッティングの調子も悪くなってしまいましたね。

トレード候補の噂もありましたが、キャッチャーとして登録されるのであれば話は別ですね。

原口選手のコンバートも矢野コーチの意見が大きい、と言われていますが今回矢野コーチが二軍監督になった影響もあるのでしょうか?

課題

腰に爆弾を抱えていると言われている原口捕手ですが、肩もよくないですね。

トータル的な守備力の向上が必要になってくると思われます。

バッティングは今の時代のキャチャーの中で一番いいと思えるものがありますので、もしスタメンに入ってくれたらかなりの得点力アップが見込めます。

金本監督は原口捕手の打撃力に期待していると思うのですが…

まとめ

2018年シーズンは元名捕手の矢野二軍監督が一軍に不在になるシーズンになります。

金本監督の意向が反映するのかもしれませんね。

誰が正捕手になってもファンは応援すると思いますが、誰か突き抜けて正捕手にどっかりと座ってくれることが一番の望みになります。

3人の正捕手争いを楽しみにしましょう!

-阪神タイガース

Copyright© 阪神とMLBと高校野球 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.