1. TOP
  2. 高校野球
  3. 2018高校野球夏の甲子園の注目選手は?ドラフト1位候補とレジェンド始球式は誰?

2018高校野球夏の甲子園の注目選手は?ドラフト1位候補とレジェンド始球式は誰?

 2018/08/02 高校野球   18,468 Views

2018年全国高校野球選手権大会は第100回目を迎えますね。

100年の歴史と聞くと、プロ野球よりも長いですし甲子園ももともとは高校球児のために建てられた球場ですからズシンとした重みを感じます。

そしてこの100回大会に出場する注目選手は一体誰なのか?

また今大会は過去に甲子園で注目選手だった人たちが始球式で登板します。

注目選手と始球式で投げる人たちをまとめてみました。

2018夏の甲子園での注目選手は?

100回大会を彩る注目すべき選手

今大会で100回目を迎える甲子園。

過去の注目選手はそのままプロ野球に進んで大活躍した選手もいますね。

昨年は広陵の中村奨成選手が大会最多ホームラン記録を樹立しまして、一気にスターダムにのし上がりました。

今年の大会でもそのような選手が現れるかもしれませんね。

この2018年の大会で注目されている選手をピックアップしていきます。

根尾昂(大阪桐蔭)

まず今大会で最も注目される選手がこの根尾昂選手でしょう。

2年連続春制覇の胴上げ投手になっていまして、2年生の頃から注目されている選手になります。

中学時代にはスキーの全国大会で優勝したり、また成績もオール5ということで秀才であることも話題になっています。

投手とショートを主に守っていますが、西谷監督は今年の試合の重要な試合には必ずこの根尾選手を投手として起用しています。(選抜決勝・智弁和歌山戦や北大阪大会・準決勝履正社戦など)

大阪桐蔭は他にも投手がいますが、最も信頼が厚いのは根尾投手でしょう。

根尾昴はドラフト候補でプロではショートで!身長や中学とパワプロ応援歌!

しかし今大会は打者として注目をかなり集めました。

プロではショートで勝負したいようです。

藤原恭大(大阪桐蔭)

次に注目したい選手はこれも大阪桐蔭の藤原恭大選手ですね。

高校生の外野手でこれほど注目を集めている選手がいたかな?と思えるほど2年生の時から注目を集めています。

彼は走攻守揃っており、しかもイケメンです(笑)

北大阪大会の決勝戦では6安打6打点という打棒を発揮しまして、決勝戦の23得点に貢献しました。

甲子園でホームランは2年生の選抜の時に2打席連続ホームランを放っておりまして、今大会でもその打撃に注目が集まります。

藤原恭大はドラフト1位候補で阪神が指名!?イケメンで彼女はいる?出身中学や兄は?

小園海斗(報徳学園)

高校ナンバー1ショートの呼び声高いのが報徳学園の小園海斗選手です。

中学時代は大阪桐蔭の藤原恭大選手と枚方ボーイズで一緒にプレーしていました。

2年生の選抜の時に甲子園でプレーしており、昨年は藤原選手と2人だけ2年せいでU-18の日本代表に選ばれているほどの選手です。

高校3年生となり、最後の夏の甲子園に出場するところは彼も「持っている」選手だといえるでしょう。

報徳学園小園海斗の中学や経歴!守備とバッティングがドラフト1位候補でメジャーへ!

万波中正(横浜)

現在プロ野球選手の出身校で最も多いのが横浜高校。

その横浜高校にポテンシャルの高い選手がいます。

コンゴ人のお父さんを持つ万波中正選手です。

まずサイズが190センチ、92キロという高校生離れした体格ですから当たればどこまでも飛んでいきそうな体をしています。

それが昨年まではなかなか当たらなかったということですが、その確率がグーンと上がったようですので、甲子園でも大きなホームランを放つかもしれませんよ!

横浜高校の上位進出の鍵を握る選手になるでしょう。

林晃汰(智弁和歌山)

大阪桐蔭のライバルになります智弁和歌山にもドラフト候補と目されている選手がいます。

林晃汰選手がその注目に値する選手になります。

すでに甲子園には2回出場しており。2年夏3年春と出場している時にはホームランも打っていますから今大会でもホームランに期待がかかります。

柿木蓮(大阪桐蔭)

大阪桐蔭のエースナンバーを背負っている柿木蓮投手も注目の選手の一人です。

エースナンバーを背負っていますが、大事な試合では根尾選手のマウンドを明け渡している格好になりますが、大阪桐蔭が春夏連覇を達成するには彼の投球も鍵になります。

決勝戦まで5試合ないしは6試合戦うことになりますから、柿木投手はもし決勝まで行けば2試合から3試合はマウンドに上がっていると思われますね。

大阪桐蔭の柿木蓮はドラフト候補でヤンキー?佐賀出身で背番号は?

吉田輝星(金足農)

そして今大会で注目してほしい選手が金足農業の吉田投手です。

身長はあまり高くありませんが、MAX150キロの速球が持ち味でその野球センスの高さから桑田二世とも呼ばれているほど。

初戦で優勝候補とぶつかったりすれば、大注目になりますよ!

この動画を見ている限りでは、ストレートの質が良さそうなボールを投げますね。

日本ハムのスカウトも絶賛しているくらいですから、相当なポテンシャルを秘めているかもしれません。

2018ドラフト金足農吉田輝星投手を指名する球団を予想!おすすめはパリーグ?

西純矢(創志学園)

まだ2年生ですが、彗星のごとく現れてきました!

MAX150キロともいわれるストレートは優勝候補の創成館相手でも堂々としたピッチングをしました!

明徳の馬淵監督が言うように創志学園は打倒大阪桐蔭の一番手になるかもしれません。

その主役がこの西純矢投手でしょう。

創志学園の西純矢投手はドラフト候補!プロフィールや中学経歴とオリックス西と親戚!

2019年にはドラフト1位候補になりそうですね。

ドラフト1位候補は誰?

ではドラフト1位候補となると一体誰がいるのでしょうか?

例年高校生でドラフト1位候補というと投手がほとんどなのですが、この大会では投手で1位候補の選手はあまり多くないかもしれません。

今のところ投手で1位になりそうな選手としては大阪桐蔭の根尾昂選手でしょう。

彼の場合はもしプロに進んだ場合、投手で行くのか野手で行くのか評価が分かれるところになっています。

次にほぼ1位で間違いないと言われているのが同僚の藤原恭大選手です。

高校生の外野手で外れ1位ではなくドラフト1位になると極端に少ないですよね。

それくらいのポテンシャルを秘めている選手でして、阪神が1位として指名するかも?という報道もありました。

阪神で育てることができるかどうかは疑問なところではありますが(笑)

将来は球界を背負って立つ選手になるかもしれません。

そして高校ナンバー1ショートと言われている報徳学園の小園海斗選手です。

2年生の時からU-18に選ばれているほどですから、その野球センスは折り紙つき。

今大会でどんな輝きを見せてくれるか注目です!

始球式で投げる元高校球児のスター選手

8月5日の開幕日から過去に甲子園で活躍した選手が「レジェンド始球式」で登板いたします。

まず開幕を飾るのが、甲子園で5打席連続敬遠で世間を騒がせた松井秀喜さんで開幕を迎えます。

以下始球式で投げる人たちの予定は次のようになっています。

8月5日 松井秀喜 星稜
8月6日 石井毅 箕島
8月7日 定岡正二 鹿児島実
8月8日 牛島和彦 浪商
8月9日 平松政次 岡山東商
8月10日 谷繁元信 江の川
8月11日 水野雄仁 池田
8月12日 本間篤史 駒大苫小牧
8月13日 坂本佳一 東邦
8月14日 中西清起 高知商
8月15日 安仁屋宗八 沖縄
8月16日 板東英二 徳島商
8月17日 金村義明 報徳学園
8月18日(準々決勝) 中西太 高松一
8月20日(準決勝第1試合) 桑田真澄 PL学園
8月20日(準決勝第2試合) 佐々木主浩 東北
8月21日(決勝戦) 太田幸司 三沢
8月21日(決勝戦) 井上明 松山商

このような豪華メンバーが始球式を飾ります。

決勝戦の始球式は延長18回でお互い譲らなかった三沢の太田幸司投手と松山商の井上明投手2人が務める予定になっています。

また準決勝の第1試合にはPL学園の桑田真澄投手、第2試合では東北高校の佐々木主浩投手というプロ野球でも大活躍した2人が甲子園に来るんですね!

現役の選手ももちろん注目ですが、今年は過去のプレイヤーの勇姿が見れるのも楽しみの一つになります!

ブログランキングに参加しています。

励みになるのでポチッとしてやってください(笑)

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村;

ああ

根尾昴はドラフト候補でプロではショートで!身長や中学とパワプロ応援歌!

ああ

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

阪神とMLBと高校野球の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

阪神とMLBと高校野球の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 2018選抜は智弁対決は幻に!2002年夏の甲子園以来ならず!

  • 2017高校野球近畿秋季大会の組み合わせは?選抜はベスト4必須!

  • 2018高校野球準々決勝第3・4試合の予想!日大三対下関国際・金足農対近江!

  • 2018高校野球夏の甲子園ベスト16予想まとめ!2回戦全試合を予想する!

  • 夏の甲子園11日目予想!下関国際対創志学園・興南対木更津総合・日大三対奈良大付・龍谷大平安対八戸学院光星!

  • 広陵高校が4度目の決勝進出!過去の決勝はすべて敗退で相手はどこだった?