阪神タイガース

阪神タイガース2018ショート問題!北條か糸原か植田か大山?

更新日:

2017年が終了しまして阪神タイガースの未来が少し明るく見えてきたのは私だけでしょうか?(笑)

 

それはやはり今年のドラ1ルーキー大山悠輔選手の活躍が大きいかもしれません。

大山が来季クリーンアップを打つようになれば、今年飛躍的に伸びた中谷将大選手との和製右打者2人が将来のクリーンアップで楽しみになりますね。

 

将来的には大山が4番で中谷が3番か5番になりますかね。その逆でもいいかもしれません。

 

そしてサードにはベテラン鳥谷選手が入って、セカンドは大山と上本の競争でいいような気がしてきました。

 

そう考えるとやはり問題はショート

 

2018年のショートは誰になるのか?ちょっとこの問題について考えてみましょう!

本命はやはり北條史也??

今年金本監督の寵愛を受けて鳥谷を押しのけてショートに入った北條史也選手でしたが、開幕から大不振になりましてレギュラーを降ろされました。

 

そして変わって入った糸原選手の活躍により二軍行きまで経験した北條選手ですが、大和選手の負傷により最後のチャンスが訪れました。

 

こう考えるとやはり彼はまだ運を持っている選手何ですよね〜

2017年のオフはテレビ出演などは控えなければいけませんね(笑)

 

それとやはりもう少し守備を頑張る必要はあります。

対抗は糸原健斗選手か

そして2017年の途中からレギュラーの座をほぼ掴みかけた糸原選手が対抗になるでしょう。

 

勝負強いバッティングが持ち味で選球眼も良い彼は、鳥谷選手がお手本のようですが、まさにそういうタイプの選手ですね。

 

負傷した時には、プロの球にも慣れてきてさあこれから!といった時でしたから彼にとっては不運でした。

 

でもこれも持って生まれた運なのかもしれません。

 

キャンプの時からアピールできれば、彼がショートの座につく可能性は全然あります。まずは怪我を完全に治して欲しいですね。

大和はやはりFA?

そして北條の不振、糸原の怪我があって回ってきた守備がスーパーな大和選手ですが、残念ながら怪我をしてしまいました。

 

どうも彼はレギュラーを取りかけると怪我をしたり大不振になってしまったりとレギュラーを完全に取るには少し体力が足りないのかもしれません。

 

でもあれだけの守備と足は阪神にとって重要な武器になります。守備固めにしても必要な選手ですのでFAで出て行かれないようにする必要はあります。

 

投手の立場で言うと大和に守って欲しいでしょうけども(笑)

 

で結局大和選手はFAでDeNAに移籍しました。

若い選手にはここはアピールするチャンスになります。

大穴は大山?

大山選手がショートの練習をしているそうですね。

 

ファーストにはやはり大砲が一枚欲しいという金本監督の要望がありますので、ここに大山選手は守ることは難しいと思います。

 

となるとサードは鳥谷選手が復活していますので、大山選手をどこで守らせるのか?

 

大山選手はセカンドの練習をしているみたいですから、流石にショートはないでしょう(笑)

吉田義男→藤田平→久慈照嘉→鳥谷敬の次?

阪神の名ショートの流れですが、この流れでいきますと本当は大和何ですけどね〜

 

正直いいますと北條はプロのショートの力はないと思っていますので、やはり守備力の高い人を入れて欲しいところです。

 

そうなると大和選手ですが、ここは2軍ですが植田海選手の抜擢もあっても面白いかもしれません。

 

来年は金本阪神3年目になりますのでセンターラインが重要になります。

 

中でもキャッチャーとショートは守備力重視のポジション。

 

2018年阪神タイガースの開幕ショート争いを秋季キャンプから注視しておきたいと思います。

 

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

-阪神タイガース

Copyright© 阪神とMLBと高校野球 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.