高校野球

2017高校野球の秋季大阪大会は9月2日から!決勝戦はいつ?

更新日:

夏の高校野球が終了して早9月になりました。

今の時代はU-18W杯があったりして、今年の場合は清宮選手や中村選手が出場して盛り上がっていますね。

でももうすでに来春の選抜大会の戦いはもうすでに始まっています。

f:id:fpcreca:20170902055050j:plain

2018年の選抜大会は90回の記念大会で参加校も増えそうですね。

その注目地区である大阪大会もいよいよ秋季大会がスタートします!

9月2日に大阪大会予選開幕

第90回選抜出場のための大阪大会は9月2日から始まりますね。

2017年の選抜では大阪の2校が選抜決勝戦を争う大会になりましたので、今年も全国の中で最も注目される地区になるのは間違いないところです。

ミレニアム世代で注目を集めている大阪桐蔭、そして履正社が中心になると思います。

決勝戦は10月14日予定

そしてこの大阪大会ですが、例年と同じように考えると3位までが近畿大会に進めます。

ちなみに昨年の秋季大会3位が大阪桐蔭で、近畿大会はベスト4まで残って選抜切符を掴みました。

なので、どのチームもこの大阪大会は3位までに入ることを目標としています。

ちなみに注目の履正社と大阪桐蔭ですが、別のブロックに入って決勝戦までは当たりません。

大阪府高等学校野球連盟で確認できます。

そして予想通りこの2校が決勝戦でぶつかることが決まりました。

近畿大会は10月21日から始まる!

そしてこれも雨での順延がなければ、10月21日から近畿大会が始まります。

毎年の選考でいうと、この近畿大会でベスト4までにはいれば確実に選ばれています。

ただし、同一府県から3校出場することはほぼありませんので、もし大阪から3校残った場合は準決勝の戦いぶりが判断されると思われます。

ちなみに2016年は上宮太子が大阪1位だったのですが、準々決勝で神戸国際に負けて選抜を逃しました。

やはり大阪桐蔭が強い!

今年の夏の甲子園で残念な負け方をしてしまった大阪桐蔭ですが、来年3年生になる世代はこの学校が中心になるでしょう。

2年生ながらU-18に選ばれている藤原選手はじめ、才能優れたエリート集団ですから、今年の注目校ですよね。

この大阪桐蔭に立ち向かう高校はどこになるのか?

大阪桐蔭・履正社に続く高校はどこになるのか?

来春の選抜大会を占う意味でも秋季大会から注目しておく必要がありそうですね!

-高校野球

Copyright© 阪神とMLBと高校野球 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.