高校野球

2017高校野球近畿秋季大会の組み合わせは?選抜はベスト4必須!

更新日:

2018年の選抜出場の目安になる近畿大会がいよいよ始まりますね。

ミレニアムイヤーの幕開けとなる大会になりますが、やはり注目は大阪桐蔭高校だと思います。

この学校をどこの学校が止めるのか?

まずはこの近畿大会で選抜当確をするにはベスト4が必要となります!

この近畿大会の組み合わせから占っていきたいと思います。

各地区の出場高校

大阪3校

大阪1位・・・大阪桐蔭

大阪2位・・・履正社

大阪3位・・・近大付

兵庫3校

兵庫1位・・・明石商

兵庫2位・・・西脇工

兵庫3位・・・神港学園

京都2校

京都1位・・・乙訓

京都2位・・・京都翔英

奈良3校

奈良1位・・・智弁学園

奈良2位・・・高田商

奈良3位・・・法隆寺国際

和歌山2校

和歌山1位・・・智弁和歌山

和歌山2位・・・日高中津

滋賀3校

滋賀1位・・・近江

滋賀2位・・・比叡山

滋賀3位・・・彦根東

以上16校ですね。

日程は10月21日から11月4日で行われます。

開催場所は大阪府ですので、大阪シティ信用金庫スタジアムでの開催になりますね。

近畿の選抜出場枠は6

近畿大会での成績が選抜出場にほぼ直結する大会になりますので、ベスト8だと地域性が考慮されることになりますね。

ということはまず選抜出場を当確するのであればベスト4がまずは目標となるでしょう。

昨年はこの大会を制した履正社高校が明治神宮大会でも優勝したので、枠が7に増えました。

今年は大本命高校として大阪桐蔭が出場します。

ここを優勝してさらに明治神宮大会を制して1枠増やせることができるでしょうか?

組み合わせは?

10月17日に組み合わせが決定しました。

大阪桐蔭高校は京都翔英高校との対戦になりましたね。

履正社とは別のブロックなのですが、履正社は初戦から大一番の智弁和歌山戦になりました。

履正社は選抜は絶望となりましたね。

準々決勝の戦いは以下のようになりました。

智弁和歌山(和歌山1) - 法隆寺国際(奈良3)

乙訓(京都1) - 智辯学園(奈良1)

近江(滋賀1) - 彦根東(滋賀3)

大阪桐蔭(大阪1) - 近大附(大阪3)

各地区の1位校はかなり選抜が有力になっていますね。

かなり有力になった高校を挙げてみます。

智弁和歌山

乙訓

智弁学園

近江

大阪桐蔭

もちろん準々決勝の戦いぶりは関係してきましたが、今のところこの5校は選抜は有力ですね!

2018年第90回選抜高校野球大会の出場枠36校予想!振り分けは?

2018大阪桐蔭は四冠目指す!

今年の大阪桐蔭は明治神宮大会・春の選抜・夏の甲子園・国体と全ての大会での優勝を目指していると思います。

過去には松坂大輔投手率いた横浜高校しか達成していませんね。

まずは明治神宮大会に出場するには近畿大会を優勝する必要があります。

タレント揃いの大阪桐蔭が優勝できるかどうかが楽しみです!

-高校野球

Copyright© 阪神とMLBと高校野球 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.